spacer
HNS
ENGLISH sitemap contact us group home
HOME採用情報 > スタッフの声・加納 美佐恵

加納美佐恵
設計室
積み重ねた思考の上に完成した建築との対面に感動
加納美佐恵 北海学園大学工学部建築学科卒業
Misae Kano 2008年入社

Q1.北海道日建設計に入社した動機は何ですか?


最初は入社するとは思ってもいなかったというのが事実です。
しかし、いろいろな人が使ってくれる大きな施設をつくる中で、また、そこでの様々な人たちと出会いを通して、自分の世界が開けていきました。今では入社してよかったと思います。

Q2.所属している室の業務と、担当してきた業務について教えてください。


設計室に所属しています。
札幌都心部の大規模オフィスの設計から、日本の最北端稚内駅前再開発の設計、そして生まれ故郷の函館での仕事まで、北海道の北から南まで飛び回っています。移動はキツいですが、その途中にあるおいしいものとの出会いですっかり忘れることが出来ます。

Q3.キャリア入社ですが、以前の会社との違いはどのようなところですか?


建物の規模が大きい上、建物の用途も様々であることが特徴です。
ただ、設計をする上では規模・用途に関係なく、やらなければならないことは同じです。興味・感心・モチベーションこそが一番大切だと思います。

Q4.印象に残っている瞬間、やりがいを教えてください。


設計した建物の足場が取り除かれ、全貌を現したときの姿をみるのが、たまりません。子どもが生まれた瞬間ってこんな感じなのでしょうか…。
悩んだり、迷ったりしてひとつひとつを決めて、その積み重ねた思考の末に完成した建築とのご対面は感動です。そして竣工し、我が子は巣立っていくのです。。

Q5.あなたから見た北海道日建設計の社風は?


ワールドカップがあればフットサル部が創設され、ワールドベースボールが始まれば野球部が活動し、オリンピックでカーリングが注目されればカーリングリンクを探してレッスンを受けに行く…もしかしてミーハーな集団なのでしょうか。いえ、なんでも興味をもって行動せずにはいられない集団なのかもしれません。

Q6.女性にとって働きやすい職場ですか?


女性という隔たりなく、働けるので大変働きやすいです。男っぷり全開で働く女性も多いです。私もそのひとり??