spacer
HNS
ENGLISH sitemap contact us group home
HOME採用情報 > スタッフの声・木村 伊佐子

木村伊佐子
構造設計室
建物のお医者さんとして…
安心して使い続けてもらうために
木村伊佐子 北海道工業大学建築工学科卒業
Isako Kimura 1989年入社

Q1.所属している室の業務と、担当してきた業務について教えてください。


構造設計室に所属しています。構造設計の業務は建物が地震や風などの自然災害により、壊れないように建物の骨組みを適切に設計することです。
鉄筋コンクリート造、鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、新築から耐震改修まで幅広く業務に携わっています。

Q2.印象に残っている瞬間、やりがいを教えてください。


入社まもなく地元の市庁舎の設計を行いました。“故郷に錦を飾る”ではないですが家族にとっても私にとっても印象に残る建物となりました。
最近は新しいものを生み出す新築建物よりも、耐震診断・改修などの業務に多く携わっています。建物のお医者さんとして、耐震改修により建物を長く安心して使い続けていただくお手伝いを出来ることが今のやりがいとなっています。

Q3.あなたから見た北海道日建設計の社風は?


上司や各部門担当者との距離感が近く、何でも相談できより良い建物を設計するためのチーム力を強く感じます。相談することにより先輩たちの技術を学び、会話をすることにより自分の建築の幅を広げていける環境があります。
お花見、ビアガーデン、山菜取り・・・仕事以外でもチーム力を発揮しています。また、心置きなく話すことが出来る同僚たちが日々の癒しとなっています。

Q4.女性にとって働きやすい職場ですか?


育児休暇などの制度が確立されており、女性が安心して長く働くことが出来る職場です。仕事に関しては男女がフラットに働ける職場で、女性としてではなく技術者として働けるため、とてもやりがいのある職場だと思います。