spacer
HNS
ENGLISH sitemap contact us group home
HOME採用情報 > スタッフの声・若松 宏輔

若松宏輔
構造設計室
新人時代から担当者として主体的な立場で設計できる
若松宏輔 室蘭工業大学大学院建設システム工学専攻修了
Kosuke Wakamatsu 2009年入社

Q1.北海道日建設計に入社した動機は何ですか?


設計者として何がしたいか考えた時、やはり超高層ビルやテレビ塔のようなランドマークとなる建築物を設計したいと思いが強かったんです。そして、鉄筋コンクリート造・鉄骨造・木造といった様々な構造形式の設計をしたいという思いもありました。小規模建築から大規模建築まで幅広く設計を行っている日建設計グループの北海道日建設計であれば、自分の目指す構造設計の業務ができると思い、入社しました。

Q2.所属している室の業務と、担当してきた業務について教えてください。


構造設計室に所属しています。主な業務内容としては、建築物の最適な構造架構システムを検討することや構造計算・解析を行い具体的な断面、ディテール等を検討するといった業務を行っています。
入社から1年半で、免震構造のオフィスやRC造の学生寮、木造集合住宅といった様々な構造形式の物件を担当しました。新人時代から、どの物件もお手伝いではなく、担当者として主体的な立場で設計しています。

Q3.印象に残っている瞬間、やりがいを教えてください。


担当の物件で、最初に竣工したのが「駐輪場の屋根」でした。意匠担当者と何度もう打ち合わせをしながら全体像をまとめて断面・ディテールを設計し、建築物が竣工した時は大変うれしく思いました。この達成感・充実感が自分にとってのやりがいだと感じます。

Q4.あなたから見た北海道日建設計の社風は?


個人の裁量に任せてもらえることが多いですね。一方で、相談なども聞きやすい環境になっており、また設計のチェックの体制も整っています。自分の設計をすることができる会社だと思います。
また、社内イベントや部活動なども盛んに行われています。オフィスは大通公園の目の前に位置しているのですが、夏は大通公園で行われるビアガーデンに集結して涼を取ります。絶好のロケーションで飲むビールは最高で、疲れも吹き飛びます。