spacer
HNS
ENGLISH sitemap contact us group home
HOME作品紹介地域別 > 道央 > 後志合同庁舎

後志合同庁舎

この建物は、北海道庁後志市長と後志保健所及び後志教育局の入居する庁舎である。
この地域は北海道の中でも観光地の多く集まったところとして知られ、有名なニセコのスキーリゾートや積丹または小樽もこの市長の管轄である。自然豊かな地域にふさわしい行政機関として、利用者に親しまれる庁舎とすることが設計上のテーマであった。計画では、建物の中央に中庭と道民ホールを設け、開放性とわかりやすさの実現と、中庭の雪をイメージした片瀬和夫のアート作品「夏の夜の雪」によって、シンプルで「間合い」を感させるアートと建築空間が対話できる場が生まれることを期待した。周回する廊下からは、このアート作品と、道民ホールの空間が様々なアングルを通して見る事ができ、建物のアイデンティティを強めている。

建設地 虻田郡倶知安町北条東
建設主 北海道住宅都市部
延床面積 9,021.57u
階数 -1,+3
構造 鉄筋コンクリート造および鉄骨造
竣工 1996年7月
建築設計はアトリエアク、集団制作建築事務所、須崎設計事務所と共同、監理は北海道