spacer
HNS
ENGLISH sitemap contact us group home
HOME作品紹介地域別 > 道央 > 空知信用金庫本店

空知信用金庫 本店

創立70周年を迎えた信用金庫本店の岩見沢駅前への移転新築である。隣接する駅前地区は、再開発計画が進行中で、近い将来には市の業務中心地区として生まれ変わる地域である。計画当初には再開発が未確定だったため、駅前通りの拡幅などを先取りして対応した。
1階が本店営業室の無柱空間、2階以上が本部事務室となる金融機関本店特有の性格を考慮して、コアを片寄せした平面とした。窓台等の水平部に積もった雪の凍結・落下を免れるためフラットな外壁面となりがちな積雪寒冷地の建物に対し、この建物では、金融機関本店にふさわしい彫の深い重厚な外観としたため、落雪事故防止に水平部分に積もった雪を内側へ落下させる工夫をした。 外壁面の柱型、梁型は日射遮蔽ルーバーの役割を果たし、省エネ効果を持つ。

建設地 岩見沢市3条西6
建設主 空知信用金庫
延床面積 6,012.11u
階数 -1,+8
構造 鉄骨鉄筋コンクリート造
竣工 1996年7月