spacer
HNS
ENGLISH sitemap contact us group home
HOME作品紹介建物種類別 > 金融施設 > 北見信用金庫 紋別支店

北見信用金庫 紋別支店

北見信用金庫紋別支店は、かつての紋別信用金本店ということもあり、西オホーツク地域の拠点店舗として位置付けられている。 この背景から移転新築にあたり、地域の中核としてプロジェクトそのものが地域の産業に寄与すべく計画された。 紋別市は市域の大部分が森林であり、近年は周辺の市町村を含む紋別西部流域で森林認証に取り組み、林業再生を先導している都 市でもある。このような背景から、地元材を含む道産材の活用による木構造に取り組むこととした。 一方紋別市の気候は、冬期の厳しい寒さに対し、夏期はそれほどの猛暑にはならず、過ごしやすい環境にあり、自然エネルギーを 活用できる機会に恵まれた。立地条件はかつて鉄道があったころの駅前で、現在もバスターミナルの向かいにある、まちの中心部 に位置しており、利便性の高い場所である。 これらの条件から @まちの産業を活かす Aまちの環境を活かす Bまちの交流拠点づくり を目指して計画された。

建設地 北海道紋別市
建設主 北見信用金庫
延床面積 1141.55u
階数 +2
構造 鉄筋コンクリート造
竣工 2014年4月