spacer
HNS
ENGLISH sitemap contact us group home
HOME作品紹介建物種類別 > 交通施設 > JR稚内駅

JR稚内駅

日本最北端の駅、稚内駅。隣接するキタカラ(再開発施設)のアトリウムと一体化した2層吹き抜けのコンコースをもち、明るく人々を迎える空間とした。線路終端を内包するように計画し、終着駅という寂しく暗いイメージではなく、日本の出発地点という希望にあふれた明るい空間とした。建替えに伴い、線路の縮小が図られたが、旧駅舎の線路末端を復元し、モニュメントとして駅前広場に設置している。現駅舎の内部にはその線路が横断している。キタカラ(再開発施設)と一体化したことで、待合機能等が充実し、またバスターミナルや観光案内所とのアクセスが容易となり、来訪者の利便性を高めた。

建設地 北海道稚内市
建設主 北海道旅客鉄道株式会社
延床面積 469.64u
階数 +2
構造 鉄筋コンクリート造 
竣工 2011年4月
撮影 佐藤雅英