業務の流れ

北海道日建設計では、建築・構造・設備・土木部門が一体となり、さまざまな分野の建築の設計・監理を手がけております。プロジェクト開始から設計監理、業務完了、アフターフォローまでの一般的な流れを示します。

プランニング・コンサルティング

マスタープラン・都市計画・再開発など

総合設計事務所として計画・企画開発部門を単独組織化し、さらに建築・土木施設単体の設計ノウハウをベースに、地域開発・都市開発に関するサービスも手がけます。

計画業務

プロジェクト運営

プロジェクトのすべての段階で、クライアントの立場に立って、プロジェクトマネージャーが円滑な進行を図ります。 実行計画、予算計画、チームの編成と統括、諸官庁との折衝、日程管理、情報管理、会議の運営、関係者への説明などを行います。

設計前

基本設計に入るための諸条件を整える段階です。 事業概要・敷地・施設内容に関する諸条件を調査・検討し、必要に応じて官公庁との協議などを行います。

設計業務

基本設計

[基本計画]
クライアントの意図を形にし、構想を確立する段階です。
[基本設計]
与条件を組織だて、基本計画案の肉付け、法的・技術的な裏付けを行い、完成時の姿を明らかにする段階です。

実施設計

[実施設計]
基本設計に基づいて、細部にわたるデザインと技術の設計を進める段階です。
[設計図書の作成]
実施設計の内容をまとめ、施工者が見積・契約・工事にあたって正確に理解できるよう、実施設計図書をまとめる段階です。

監理業務

工事契約

[工事契約への協力]
施工者の選定、契約条件の策定、適正な工事請負金額の決定、その他工事契約に関わる事柄全般について、クライアントの立場に立って、必要な業務を行います。

監理

[工事段階~竣工段階]
工事に対し、設計意図が正しく実現しているか、品質管理は適切に行われているか、などの観点から指導を行います。 工事の着手から完成まで、関係者間の調整を行い、工事全般の円滑な進行を図ります。

完成後

保守管理についてのコンサルティング、建物経年調査の実施、建物の各種性能に関わる調査・診断、改修計画・増改築計画などを行います。

リニューアル・リノベーション

リニューアル・リノベーション

建物は、人間の体と同じように日頃のケアと定期的な健康診断が必要です。
建物診断は劣化現象や不具合、ニーズに合わないところを早期に発見しケアすることで、これにより社会のニーズに対応した建物へと生まれ変わり、大切な資産を永く使うことができるようになります。